右下肢痛(右足の太もも、ふくらはぎの痛み)

体験談

75歳 女性 Y.N.さん

知り合いから膝痛が一度で良くなったという話をきき、右足が痛んで座れない私は、半信半疑で治療を受けました。

問診で詳しく聞かれたのですっかり話しました。今までリハビリに通っていた所でこんなに詳しく聞かれたのは始めてです。治療が始まり身を硬くしていた私も優しい声かけにいつか快よささへ感じすっかりリラックスしていました。1時間余りの治療が始まりましたが一度も痛みを感じず体全体がほぐれた感じでした。先生に座ってみて下さいと言われ、驚きました。まだ、痛みは少し残っているものの、何ヶ月ぶりでしょう、座れたのです。
本当に嬉しかったです。
次に服を着きようとして、びっくり何と今までまっすぐ上がらなかった右手がすっと上がり服の袖に痛みなく通ったのです。思わず先生に言うと、問診のときに聞いていたので治療をしました。と言われました。高いものをとる時、苦しんだ事がうそのような今日この頃です。

それから、1週間おき位に通っています。何しろ遠いので大変ですが楽しみに通っています。
(友達も誘って、その友達も調子がいいと喜んでいます。)

アドバイス

症状を詳しく聞くことは、痛みの原因を知るための重要な要素となります。
Y.N.さんの右下肢痛の原因は、骨盤の歪みが大きな要素としてありました。そして、今回、最も重要視したのが、カイロ治療をしながら、骨盤の歪みによって痛みを起こしていることを理解していただくことでした。また、カイロプラクティックは全身を診る治療法であるため、肩の痛みについても、治療の必要性がありました。
これは、治療効果を上げることにもつながります。

ご自分の身体の状態を理解していただくことによって、普段の生活に注意を払っていただけ、日常生活の質の向上につながっていくと思われます。

通うのに大変だと思いますが、楽しみながら、定期的に身体をケアしてあげてください。私も、Y.N.さんのお力になれるようにできる限りのことをさせていただきます。