ギックリ腰(急性腰痛)

20代・女性・学生

♦来院時の症状♦
ギックリ腰で来院。2日前に中腰から上体を起こした時に痛めた。
痛みは腰の付け根(L5/S1)にあり、発症時は局所的に痛かったが、今は痛み止めを服用し全体的に痛い感じがする。前かがみで痛みが強くなる。
病院の検査で異常は無く、注射をしてもらい薬を処方された。今年から陶芸を始め座って作業する事が多い。

♦検査結果♦
姿勢:首が前傾し軽度お辞儀をした状態。軽度の側弯症。
ROM :腰を前屈、右側屈で痛みが強くなる。
筋肉:右大臀筋、右腸腰筋、左大腿筋膜張筋の機能低下が確認された。左右内転筋、左ハムストリング、左腰部起立筋の緊張が確認された。
関節:左右の股関節、骨盤、腰椎の機能障害が確認された。

♦施術内容♦
左ハムストリング、左右内転筋の緊張を整え股関節の制限に対して矯正を行う。急性期の為に炎症部位を避け、骨盤、腰椎は緩やかに矯正を行う。

♦経過報告♦
初回施術後:矯正後に前屈、側屈で痛みは無くなる。炎症が残っている為に違和感は少し残っている。

♦担当者のコメント♦
慣れない陶芸の姿勢で過剰に内転筋を使い、股関節の動きを悪くしていました。股関節がうまく機能しなくなり、腰、骨盤へ負担が増え腰を傷みやすい状態になっていました。
股関節を矯正する事で腰の症状は改善されました。側弯症があり腰へ疲労が溜まり易い要素と、慣れない姿勢で腰に負担を掛けていた事が原因と思われます。