腰痛

20代・男性・会社員(技術職)

♦来院時の症状♦
先週タオルを敷いて寝たら腰が痛くなった。起きた朝から痛みが強く、数日してから凝った感じになってきた。前かがみで痛みが強くなる。

♦検査結果♦
姿勢:股関節から体幹が屈曲し前傾姿勢
ROM:体幹の屈曲、左右の回旋の減少と痛み
触診:左右腰部起立筋に圧痛と緊張、腸腰筋の緊張
筋肉:右腸腰筋の機能低下
関節:仙腸関節、腰椎の機能障害が確認された

♦施術内容♦
緊張している腸腰筋を整え腰部起立筋への負担を軽減させる。
腰椎、仙腸関節の機能障害に対して矯正を行う。

♦経過報告♦
施術後に可動域の改善と痛みの減少。
1週間経過をみてもらい再発する様であれば再来院してもらう。

♦担当者のコメント♦
腸腰筋の緊張により仙腸関節の機能障害がみられ痛みを起こしていました。普段慣れないタオルを敷いて寝た事で痛みを起こす切っ掛けになったのかもしれません。
前方の筋肉の短縮を整える事により腰の筋肉の負担が軽減させる事で症状が軽減されました。