腰椎分離・すべり症を伴う腰痛

40代・女性・パート

♦来院時の症状♦
2年前から右足の痺れ。原因は不明で発症時は朝から強い痛みがあり、起き上がるのも困難だった。
右足前面から外側に痺れがあり、長時間立っていたり歩くと痛み、椅子に座っていると軽減する。
整形外科で腰椎分離症とすべり症と診断され、痛み止めとビタミン剤を服用している。

♦検査結果♦
触診‐右腸腰筋、右内転筋、右梨状筋に強い圧痛と緊張。
筋力‐右下肢の筋力低下が確認された。
関節‐骨盤、腰椎の機能障害が確認された。

♦施術内容♦
右坐骨神経、右大腿神経に沿って圧痛部位を確認し、問題部位に対して施術を行う。
骨盤、腰椎の機能が改善するよう矯正を行う。

♦経過報告♦
2回目来院時、股関節前面の痛みが消える。
3回目来院時、前日から痛みが強くなった。(天候が悪く気圧の変化の可能性)
4回目来院時 症状は軽減している。股関節の痛みは感じない。膝の痛みはある。
5回目来院時、症状が軽くなり、仕事を頑張りすぎ腰痛になる、3日ほど痺れが出ている。
6回目来院時、症状は安定している。前回の施術後から楽になっている。
7回目来院時、自覚症状は余りない。長時間歩いても大丈夫。仕事での疲労も少なくなっている。
8回目来院時、たくさん仕事をすると少し症状はでるが大丈夫。普段の生活では問題ない。

現在は症状が出ない程度の仕事量をコントロールしながら、1ヶ月に1度のメンテナンスを行っている。

♦担当者のコメント♦
神経痛は神経が圧迫されたり、神経が傷つく事で痛みを起こします。神経は筋肉と筋肉の間を走行し、筋肉が過剰に緊張すると神経を痛めてしまいます。
今回は筋肉が過剰に緊張する事により神経を痛めていたと思われ、身体のバランスを整える事で改善されました。
今回の様にすべり症と診断されても、他の部位を整える事で改善する場合もあります。

※すべり症が治る訳ではありません。