長時間座りっぱなしによる慢性腰痛

50代・女性・会社員(事務職)

♦来院時の症状♦
二年半ぐらい前から始まり、長時間座っていて立ち上がろうとしたときに左の腰(左臀部)に痛みが出る。チカチカした痛みである。普段、仕事で座っていることが多く、昼過ぎには痛くなってくる。お風呂に入ったら、楽になるような気がする。

♦検査結果♦
立位では、顎と両肩を前方に突出し、右側に体重をかけている姿勢であった。左右股関節前外側面(大腿筋膜張筋)と左臀部(大殿筋)、腰椎と右側骨盤(仙腸関節)の関節に機能異常が見られた。痛みは、左臀部の筋肉の機能低下により起こっていた。

♦施術内容♦
最初に、問題のある関節(右側仙腸関節、腰椎)に対して、機能が改善するように矯正を行った。次に、問題のある筋肉に対して機能低下が改善するように施術を行った。

♦経過報告♦
二日後の来院時、左臀部に痛みは軽減していたが、左腰の別の筋(腰方形筋)の機能異常が見られたため、前回の部分と合わせて施術を行った。3週間後、腰の痛みは良くなっていたが、左の肩こりを訴えて来院した。その以後、月に一回ぐらいのペースで来院。

♦担当者コメント♦
長時間座っていると無意識に左臀部をかばい、右側に体重をかけていたために、左臀部と右の仙腸関節の機能異常が起こったと思われます。また、現在は、事務職で慢性的に肩こりと腰痛が起こりやすいため、症状がひどくなる前にご自分のペースでご来院いただいています。