左下半身(腰から膝にかけて)の痛み

30代・男性・引越し業

♦来院時の症状♦
2ヶ月前から左臀部の痛み。
左臀部が痛く、自分で触ったり押したりしても痛み部位がはっきりとしない。
引越しの仕事をしていて、荷物の受け渡しの際に、左足を内側に入れて踏ん張ることが多い。
座る時や首を下に向けた時に痛みが出る事が多い。

♦検査結果♦
姿勢:前傾姿勢、猫背
触診:左右頸部屈筋、左大胸筋、左小胸筋、左中臀筋の緊張が確認された
筋力:左大腿筋膜張筋、左梨状筋の低下が確認された
関節:左仙腸関節、腰椎、頚椎の機能障害が確認された

♦施術内容♦
関節の機能障害を整え、関節の機能と低下している筋肉を改善させる。
緊張している筋肉を整える。

♦経過報告♦
施術後:姿勢の改善、痛みの軽減
2回目来院時、数日間は良好だった。咳やくしゃみ、座る時に痛みが起こる。
3回目来院時、痛みの質が変わってきた。
4回目来院時、トイレで踏ん張る時と仕事後に痛みが生じる。それ以外の時は大丈夫。
5回目来院時、2日前に痛みがあったが今は大丈夫。
6回目来院時、痛みは少なかった。

♦担当者のコメント♦
仕事で左重心での荷物運びが多く、左臀部の筋肉が慢性疲労を起こしていました。
中臀筋や小臀筋は骨盤を安定させる筋肉で、足で踏ん張って作業をする事で疲労が蓄積したのだと思われます。
痛みが強く筋肉が回復するのに、何度か施術を繰り返し改善がみられました。