腰椎すべり症について

Question

初めて送ります。
妻が腰椎すべり症と診断されました。
20年ぐらい前にスキーで転んでそのときけがしたらしいのですが、その後は時々腰が痛む程度で、動けなくなるようなことはありませんでした。ところが2ヶ月前から、腰が痛み始めしばらくは歩くことさえできなくなりました。
町の整形外科でMRIの検査を受けたら、すべり症と診断されました。
その後は保存的治療ということで、投薬、低周波、マッサージを続けています。しかし、痛みは改善されるどころか、逆にひどくなったような感じさえ受けます。医者は手術は必要ないでしょうと言っています。なるべく安静にしていてくださいと言うばかりです。日常生活もままならない状態です。
そこで、今度整体に行ってみようと相談しているところです。このすべり症に対してもカイロ治療の効果は期待できるでしょうか。
お手数をおかけしますが教えてください。

M.Y.さん 男性

Answer

お問い合わせメールありがとうございました。

腰椎すべり症は、レントゲン写真で、腰部の背骨の椎体という部分が、前方にずれている状態(変位)を言います。
今回のケースは、メールを読ませていただく限り、手術の必要がないということですので、MRI画像上では、前方への変位が少なかったのではないかと思われます

では、ここで、腰椎すべり症に対してのカイロ治療の効果について簡単に説明します。
腰椎すべり症では、背骨、腹筋、背筋の関係が重要となります。腹筋と背筋のバランス(機能)は、背骨の前後のカーブに影響を与えているからです。
神経系の異常は、この背骨、腹筋、背筋の機能に悪影響を与えます。一般的に、腹筋の機能が低下していれば、背骨のカーブは、前方に、より大きくなり、腰椎すべり症の悪化原因の一つになると考えることができるでしょう。

カイロプラクティックは、神経系の働きを正常化するように治療を行います。
その結果として、背骨、腹筋、背筋のバランス(機能)が整えられます。
また、痛みの情報は、神経系を介して脳に送られるため、神経系を正常化させることで、痛みが改善されていきます。

以上のことから、腰椎すべり症に対してのカイロプラクティック治療の効果は、期待できると考えられます。